妊娠に水素水が効果的な理由とは?

MENU

水素水は必要?

 妊婦に水素水は必要なのでしょうか?絶対に必要という事ではなく、飲んだ方がプラスにしかならないという事です。水素は、身体に全く害はありません。ミネラルなど過剰に摂取すると、体調が悪くなり最悪悪化してしまいます。ですが、水素に関しては、摂りすぎというのはなくたくさん摂っても体外に出ます。過剰に摂取すると何が悪いかというと吸収しきれなくなった成分が何かと反応して結果的に悪いものになるからです。その点水素は、悪いものとしか反応せず反応したとしても水にしかなりません。なので、副作用もなければ過剰に摂取しても大丈夫なわけです。

具体的にどのような効果が?

 水素は、サビついた身体を浄化してくれます。サビを取り除いてくれます。それが、若返りの水なんで呼ばれています。身体がなぜサビつくのかというと、活性酸素が主な原因です。活性酸素には、善玉と悪玉の2種類があります。この悪玉の方がすごい反応しやすい物質です。反応とは、酸化するという事でどんどん身体が老いていく原因です。
 では、水素は、酸化の逆の還元する力があります。または、抗酸化力なんて呼ばれます。この水素は、善玉活性酸素とは反応せずに悪玉活性酸素としか反応しません。反応した後は、水になり体外に出ていきます。

水素水の効果とは?

水素水は、活性酸素を除去する効果があります。水素水の効果を取り上げるときりがありません。例えば、活性酸素を除去する事でコラーゲンなどの美容物質が破壊される事を防ぐことができます。紫外線を浴びると少なくからず活性酸素がでるので水素水を飲む事できれいになります。

 

また、水素水は抗酸化物質なんです。抗酸化物質ならビタミンCの方が抗酸化力が高いんですがビタミンCだとダメな理由があります。それは、活性酸素には、悪玉と善玉があります。名前の通り悪玉が悪いんですが、ビタミンCは善玉まで還元してしまいます。実は、善玉活性酸素がなくなると体調不良になる原因になります。だから、ビタミンでダメなのです。その点水素水は、善玉とは反応せすに悪玉活性酸素としか反応します。水素は還元力がビタミンよりも弱いのが功をなして、酸化力が強い活性酸素としか反応しません。

 

また、水素あかなり小さい分子です。ビタミンは大きいので身体全体にいきわたりません。しかし、水素水は身体全体にいきわたります。妊娠しているなら胎児のところまで行きわたる事ができます。また、脳にも活性酸素がでていて水素は脳にまで行きわたるので水素を飲む事で身体全体の悪玉活性酸素が除去できるので、これから試していきたい物質の一つです。

更新履歴